障害者の自立を支援するテクノロジー。コンピュータとITが、一層重要な役割を担っています。

福祉情報技術コーディネーター認定試験

主催 一般財団法人全日本情報学習振興協会

学習のための関連サイト

福祉情報技術・コンピュータアクセシビリティは情報技術・電子技術の進歩とともに大きく変わっていきます。
下記のサイトで新しい情報や製品を学習することをお勧めします。

マイクロソフト
 アクセシビリティサイト
http://www.microsoft.com/ja-jp/enable/default.aspx

アップル アクセシビリティサイト
http://www.apple.com/jp/accessibility/

福祉情報技術コーディネーター認定試験の休止について

一般財団法人全日本情報学習振興協会 事務局

謹啓 福祉情報技術コーディネーター認定試験につきましては、平成12年のアシスティブテクノロジー検定試験としてスタートして以来、平成15年に福祉情報技術コーディネーター認定試験に名称変更を行い、約17年間に亘り支援技術に関する検定試験を継続開催して参りました。

しかしながら、昨今の

平成29年1月16日

各位

福祉情報技術コーディネーター認定試験の休止について

一般財団法人全日本情報学習振興協会 事務局

謹啓 福祉情報技術コーディネーター認定試験につきましては、平成12年のアシスティブテクノロジー検定試験としてスタートして以来、平成15年に福祉情報技術コーディネーター認定試験に名称変更を行い、約17年間に亘り支援技術に関する検定試験を継続開催して参りました。

しかしながら、昨今の情報化の急速な進展により、支援技術にも大きな変化が起きております。したがって、唯一の試験のベース教材となっている福祉情報技術コーディネーター対策テキストの内容についても現在の新技術に合わない点が多々発生してしまっていることも否めません。

出題内容につきましては、現在まで情報化を出来る限り反映させて適切な問題の作成に鋭意努力して参りましたが、将来に亘る試験の継続と有用性を考えた場合、問題内容と合わせて、試験名称の変更や新テキストの作成を含めて、抜本的に改革することが必要であるとの結論に至りました。

平成29年度以降の開催日程につきましても慎重に検討を重ねて参りましたが、平成29年2月12日(日)の第36回試験をもって休止し、本年度は開催しないこととなりました。

今後の支援技術に関する試験の開催計画と検討結果につきましては、追って本サイト上で発表させていただきます。

長年に亘る、関係者や受験生のご支援に心よりお礼申し上げるとともに、今後の受験をご希望される皆さまには、暫くお待ち下さるようお願い申し上げます。

敬具


Assistive Technology(AT)
を実践するための検定
【試験会場】
東京・大阪
開催日:平成29年2月12日(日)
【申込期間】
平成28年10月13日〜平成29年1月12日
下記国家資格取得者は障害教養総論の一部が免除されます。詳しくは試験内容をご確認ください。
医師、看護師、保健師、OT、PT、ST、社会福祉士、介護福祉士、特別支援教育士、
特別支援学校教諭免許(専修・1種・2種)取得者、旧教員免許取得者(盲・聾・養護学校)
パソコン・IT技術で障害者・高齢者を支援する検定

福祉情報技術コーディネーター認定試験は、障害者や高齢者のために、コンピュータによるさまざまな支援技術と、補助機材をその障害に応じて結びつけ、障害者や高齢者の自立をサポートできるように、操作技術を教える指導者としての能力を認定します。
(eATC:electronic information technology based Assistive Technology Coordinator)

福祉情報技術コーディネーター認定試験が産経新聞にて紹介されました!

TOP

最新試験情報

案内チラシのPDF(プリントまたはPDFを皆さまにお配りください)

【2月12日の受験者の方は必ずお読みください】

1.協会へのお問い合わせ、協会の対応など

(1) 協会事務局は試験対応のため2月11日(前日)の営業はしておりません。

(2) 圧着ハガキ形式の受験票を1月27日に一斉に郵送致しました。
2月6日時点でお手元に届かない場合は2月8日迄に協会へお問い合わせください。
2月9日以降の受験票に関するお問い合わせを頂きましても、対応ができませんのでご了承ください。

(3) 受験票を前もって点検してご準備ください。直前に「会社への置き忘れ等」の事情を述べられる場合がありますが、2月9日以降は理由の如何を問わず一切対応できません。

(4) 受験票に記載の生年月日や氏名などに訂正の必要がある場合は、受験票の協会提出用を赤ペンで修正し、試験当日ご提出ください。

(5) 試験当日の会場への道案内については、協会では行いませんので、予めご自身で受験票の地図、その他の地図等でご確認ください。

2.当日、次の場合には受験を認めません。

(1) 受験票を忘れますと受験できません。身分証明書や受験料振込票があっても一切認めません。

(2) 受験票に本人の写真を貼っていないと受験できません。
写真は縦4cm×横3cmのもの1枚。写真の裏面に名前と受験番号をご記入し受験票の協会提出用に貼ってください。貼っていただいた写真は協会で保管いたします。

(3) 試験時間に遅刻した場合は受験できません。
公共交通機関の遅延証明が確認できる場合や、天候などの理由で協会が認めた場合を除き、遅刻は認めません。遅延しても遅延証明書の出ない場合や、提出がない場合の遅刻は一切認めません。

全てを確認する

第36回福祉情報技術コーディネーター認定試験

第36回福祉情報技術コーディネーター認定試験 平成29年2月12日開催
試験時間 10:00〜

【申込期間】10月13日〜1月12日

【試験会場】 公開会場(以下2会場)もしくは認定会場にて受験できます。
東京会場 東京 … 二松学舎大学(九段キャンパス)
大阪会場 大阪 … 大阪教育大学(天王寺キャンパス) ◆西館

【お申込み】

■公開会場で受験の場合は、以下のボタンよりお申込み下さい。
お申込みは締め切りました。
※お申し込みは締め切りました

■認定会場で受験の場合は、直接認定会場にてお申込み下さい。
 詳しくは、申込方法のページをご確認下さい。


【免除申請】 公開会場で受験の場合、免除申請をされる方は、申込締切日(当日消印有効)までに次の書類を当協会まで郵送して下さい。
@申込完了時の自動返信されるメールをプリントアウトしたもの
A免除規定に該当する免許等の合格が証明できる書類のコピー

【その他】 公開会場で受験の方の受験票は試験実施日10日前までに届くように発送します。10日前になっても届かない場合は協会までご連絡下さい。(TEL:03-5276-0030)
受験票に、受験会場の詳細・注意事項等を記載しますのでご確認下さい。
1級・2級・3級いずれかの級のみの受験となり、併願はできません。
財団法人全日本情報学習振興協会

財団法人全日本情報学習振興協会/連絡先

協会概要

協会沿革