Business Qualified Member
有資格者の会員

労働法務士会

Partner for you
一般財団法人 全日本情報学習振興協会

【個人会員】労働法務士会

法人の方はこちら

労働法務士認定試験とは

労働法務士会の活動方針

労働法務士会の活動方針は次の通りです。

(1)労働法の理解に関する啓発活動

(2)労働法務士認定試験の普及と認知度の向上

(3)労働法務士認定試験合格者の実践能力と知識の向上

(4)労働法に関する講演会、研修会などの開催

(5)労働法に関する諸問題の調査、研究及び出版事業

労働法務士会には 1.個人会員 2.法人正会員 及び 3.法人Ⅰ種会員、4.法人Ⅱ種会員 の4つの会員制度があります。

本労働法務士会は合格者による「個人会員」と、試験を推進する大規模な企業・団体でからなる「法人正会員」と中小の企業・団体からなる「法人Ⅰ種会員」、「法人Ⅱ種会員」によって構成されます。それぞれの会員の特典や基準は次の通りです。

1.個人会員

本労働法務士会は合格者による会員制度があり、会員の活躍の場を一層広げるため、労働法の知識の向上を目的としており、会員向けの講演会や研修会、法的サポート、ビジネス活動支援などを行ってまいります。

  1. LLCシールを申請により年間100シート無料で進呈いたします。
  2. 東京・大阪などで講演会や、関係省庁などから担当者を招いて説明会・研修会を行う予定ですが無料で参加できます。
  3. 有料で研修会、勉強会を開催する場合につきましては優待又は招待いたします。定員オーバーする場合などには優先的に出席できます。
  4. 顧問弁護士への労働法に関する案件、その他経営に関する案件、一般案件について相談できます。1回の相談について個人負担額は10,000円とします。
  5. 労働法務士認定試験の受験に関する情報と資料を迅速に提供します。
  6. 労働法に関する情報提供が受けられます。
  7. 労働法務士会名入りの会員カードの贈呈。


2.法人会員

法人会員の特典については こちら をご覧ください。

会費(税抜き)


現在、2019年度の会員を募集中です。

入会金 年会費 入会時支払い合計   2年目・3年目
の年会費
次回の支払い
1年毎支払い
の場合
10,000円 12,000円 初年度分で
計22,000円
  1年あたり
12,000円
2020年3月
3年一括支払い
の場合
10,000円 10,000円×3 3年分で
計40,000円
  0 2022年3月

※3年一括払いの場合年会費がお得です。更新時に支払方法は1年毎か3年一括の何れかを選択できます。
※各種サービスの利用には会員番号が必要となります。お申込み・ご入金完了後1週間程度で会員番号通知メールをお送りいたします。
※2019年度会員の方は、会員番号通知メール到着後、サービスをご利用いただけます。
※年度の途中入会の場合、4月を算定月として、年会費は入会する月により下記の通りとなります。
9月~12月:60%   1月~3月:次年度入会

法人会員は、社内や団体内において、学習意欲の高揚をめざし、例えば、個人情報保護や情報セキュリティ、働き方改革などの、それぞれの教育や研修および受験を積極的に推進している法人とし、それぞれの試験に合う条件の部会に所属していただきます。それらの法人会員の教育に対する取り組みを評価し、それぞれの部会から教育推進マーク付きの認定証楯の付与を行っています。

労働法務士会の
特典申請
企業担当者様へ

ゼロ・ハラスメント宣言認証制度

「令和」川柳コンテスト

第2回

「令和」川柳コンテスト

作品募集中!

お申込みはこちら

2019年9月8日開催

第19回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

「ハラスメントマネージャー」

ハラスメント管理士研修

6月19・26日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

6月19日・7月3日開催

>>詳細はこちら

認定ハラスメント相談員研修

7月17日開催

>>詳細はこちら
おすすめセミナー




PAGE TOP ▲