全情協のパソコン検定

パソコン技能検定ビジネス実務試験

検定案内 〜パソコン技能検定ビジネス実務試験〜

パソコンの機能を知っているかではなく、実際に使いこなせるかを認定

ワード・エクセル・パワーポイントの機能を知っているだけでなく、3つのアプリケーションを使いこなして実践的に文書作成ができるかを認定します。
※試験はプログラムにて行い、制限時間は自動計測
 となります。

検定内容
−−−−−実践上級実践



制限時間60分
課題1指示に従い、出題文を要約・箇条書きなどにし、文書を作成・編集する。
また、出題文中の数値から表やグラフを作成し、作成した文書に組込む。
指示に従い、問題通りに文書や、表、グラフを作成、編集する。
また、作成した表やグラフを文書に組込む。
課題2課題1で完成した文書や表・グラフを利用し、プレゼンテーション用の資料を作成する。
出題
パターン1
課題1
Wordで作成した、より高度な文書に、Excelで作成した表やグラフを挿入する。
課題2
PowerPointに、Wordで作成した文書やExcelで作成した表・グラフを流用し、より高度なプレゼンテーション用文書を作成する。
課題1
Wordで作成した文書に、Excelで作成した表やグラフを挿入する。
課題2
PowerPointに、Wordで作成した文書やExcelで作成した表・グラフを流用し、プレゼンテーション用文書を作成する。
出題
パターン2
課題1
WordやExcelで作成した、より高度な文書に、画像や図、クリップアート、オートシェイプなどを挿入する。
課題2
PowerPointに、Excelで作成した表やグラフを挿入し、より高度なプレゼンテーション用文書を作成する。
課題1
WordやExcelで作成した文書に、画像や図、クリップアート、オートシェイプなどを挿入する。
課題2
PowerPointに、Excelで作成した表やグラフを挿入し、プレゼンテーション用文書を作成する。
合格点課題1・課題2の合計が70点以上(100点満点)
検定料(税抜)8,500円6,500円
【備考】
・制限時間に説明時間は含みません。
・使用ソフトは、Microsoft WordおよびExcelおよびPowerPointです。
・対応OS:Windows XP〜10
・対応Office:Office 2003〜2013

受験方法

・国籍・性別・年齢は問いません。
・当協会の認定会場での受験申し込みが原則となりますので、当協会への郵送でのお申し込みは受付いたしかねます。
・認定会場にて当協会指定の受験申込書を記入し、同時に受験料もお支払いください。
・会場により複数級の受験ができない場合があります。
・申込の受付は先着順ですので、定員に達した場合には、申込受付期間内でもお断りすることがあります。
・試験は、原則として認定会場の常設機種を使用してください。
・お支払い済みの受験料は試験施行中止等の事情がある場合以外は返還いたしません。
・会場により自校の生徒様のみを対象に実施する会場と外部の受験者を受け入れている会場がございます。外部受験者の受け入れが可能な主な会場は→コチラ

参考書籍・過去問題

・練習用の問題集をご紹介しております。
標準問題集・タイピング練習帳 詳細
※Word・Excelが各2種、PowerPoint・タイピング各1種、計6冊ございます。
・【過去問題】をご紹介しております。
過去問CD詳細

合格発表

・当協会のホームページ上でお知らせします。→合格発表サイトはこちら
・試験の合否、成績などの電話や電子メールによるお問い合わせはお断りします。
・答案の公開、返却はいたしません。
・合格者には、合格証書及び認定カードを、合格発表の1ヶ月後に、認定会場にて交付いたします。(交付開始後、6ヶ月を過ぎた場合交付をお断りしますのでご了承ください。)

試験日程

実施回数試験実施日申込期間
第37回5/1〜5/143/1〜3/31
第38回7/1〜7/105/1〜5/31
第39回9/1〜9/117/1〜7/31
第40回11/1〜11/139/1〜9/30
第41回H29/1/5〜1/1511/1〜11/30
第42回H29/3/1〜3/12H29/1/5〜1/31

※試験実施日は会場により異なりますのでご注意下さい。

PAGE TOP ▲
財団法人全日本情報学習振興協会

財団法人全日本情報学習振興協会/連絡先

協会概要

協会沿革