試験内容

個人情報保護実務検定の試験内容

出題内容

課題 出題内容 出題範囲
1級 2級 3級
Ⅰ .個人情報保護の総論 個人情報保護法の理解 個人情報保護法の歴史
個人情報に関連する事件・事故
各種認定制度
個人情報の定義と分類
個人情報取扱事業者
条文に対する知識と理解
II .個人情報保護の対策と
情報セキュリティ
脅威と対策 脅威と脆弱性に対する理解
組織的・人的セキュリティ 組織体制の整備
人的管理の実務知識
オフィスセキュリティ 物理的管理の実務知識
情報システムセキュリティ 技術的管理の実務知識

    出題項目が変更となる場合がありますので、受験申込時にホームページにてご確認ください。

制限時間・合格点など

制限時間1級…120分/2級…90分/3級…60分
問題数1級…100問/2級…80問/3級…50問
合格点 1級および2級…課題Ⅰ・課題Ⅱ 合計70%以上、3級…課題Ⅰ 70%以上

平成30年度より、正答率70%以上で合格とします。
平成30年度より、当協会の「問題作成委員会」が認定試験合格者の水準の向上をめざして、設問形式と出題内容の改善を行っており、それに伴い合格基準の調整を行うものです。
ただし、問題の難易度により調整し、正答率70%以下でも合格とする場合があります。これは、合否判定につきまして、合否判定委員会が各回試験の難易度と正答率を検証し、衡平性を保つため、従来試験の合格者数と乖離しないように調整する場合があるためです。

検定料(税抜)1級…10,000円/2級…8,000円/3級…6,000円

制限時間に説明時間等は含みません。
試験は筆記試験でマークシートにより実施します。

合格発表について

  • 合否については、試験より約1ヶ月後にホームページ上で発表します。
  • 試験の合否、成績などの電話によるお問い合わせはお断りします。
  • 答案および解答の公開、返却はいたしません。

認定証書・認定カードの交付

  • 合格発表の後1ヶ月程度で、受験者様宛に交付いたします。(交付開始後、6ヶ月を過ぎても交付先が不明の場合、交付をお断りしますのでご了承下さい。)
  • 認定証書とあわせて認定カードを発行致しますが、法改正等も考慮して有効期限は2年といたします。有効期限後はホームページ上で更新(有料)することができます。
  • 個人情報保護実務検定の合格者はロゴマークを協会ホームページよりダウンロードし、利用することを許可します。(利用期限は認定カードと同じ期限といたします。)

個人情報保護実務検定の試験日程

実施回数試験実施日申込期間
第38回平成30年 5月13日(日) 1月18日(木)~ 4月 5日(木)
第39回平成30年 8月 5日(日) 4月12日(木)~ 6月28日(木)
第40回平成30年11月 4日(日) 7月 5日(木)~ 10月4日(木)
第41回平成31年 2月17日(日)10月11日(木)~ 1月10日(木)

試験申込試験申込

学割試験申込

資料請求

協会トップページへ

全情協クオリファイドメンバー

全情協クオリファイドメンバー

申請書(個人用)

個人情報保護実務検定の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますのでご利用下さい。

試験情報
試験対策
合格者の方へ
PAGE TOP ▲