デジタルトランスフォーメーション検定のページです。

デジタルトランスフォーメーション検定

おかげさまで設立23年、資格取得者150万人の検定財団 一般財団法人 全日本情報学習振興協会 主催検定

全情協TOP

個人情報保護士

個人情報保護実務検定

マイナンバー保護士

マイナンバー実務検定

情報セキュリティ管理士

情報セキュリティ初級

企業危機管理士

インバウンド実務主任者

働き方マスター

働き方マネージャー

労働法務士

会社法法務士

民法法務士

認定ハラスメント相談員Ⅰ種

ハラスメントマネージャーⅠ種

女性活躍マスター

観光検定

パソコン技能検定

資格者部会個人会員

資格者部会法人会員

日本ハラスメントカウンセラー協会

SMART合格講座


企業に必須の人材であるDX推進の実務者、責任者、アドバイザーを認定する資格試験がスタートします

【デジタルトランスフォーメーション検定】

第1回 DX推進アドバイザー 認定試験

開催日令和3年10月31日(日)
試験時間10時00分~11時45分
申込期間 お申込みは締め切りました。
開催会場東京 名古屋 大阪 オンライン受検
受験料11,000円(税込)

詳しくはこちら


試験申込

学生専用申込

全情協資格者部会個人会員の方の申込

新資格挑戦キャンペーン申込

DXオフィサーと併願申込

【デジタルトランスフォーメーション検定】

第1回 DXオフィサー 認定試験

開催日令和3年11月7日(日)
試験時間10時00分~12時45分
申込期間令和3年9月30日(木)迄お申込受付中
開催会場東京 名古屋 大阪 福岡 オンライン受検
受験料19,800円(税込)

詳しくはこちら


試験申込

学生専用申込

全情協資格者部会個人会員の方の申込

新資格挑戦キャンペーン申込

DX推進アドバイザーと併願申込


既に試験のお申込みが完了している方にお得な情報です!

【第1回試験申込者限定】

DX学習テキスト(非売品)を発送手数料500円(税込)でお送りいたします。
第1回DXオフィサー認定試験・第1回DX推進アドバイザー認定試験をお申込みいただいた方限定で「用語集」「関連資料」「サンプル問題」の3つを収録したDX学習テキストをお送りいたします。
[テキスト詳細] DX学習テキスト(非売品)
発送手数料:500円(税込)
対象者第1回DXオフィサー認定試験 申込者
第1回DX推進アドバイザー認定試験 申込者
テキスト発送予定10月上旬から順次発送
※試験お申込み時のカートで「試験と書籍を同時申込」を選択された方は、こちらからの追加申込は不要です。

受付番号下6桁を下のボックスに入力してください。
受付番号は試験申込時に送信された自動返信メールに記載されております。


【デジタル トランスフォーメーション検定】

DXオフィサー認定試験

DX推進アドバイザー認定試験Digital transformation


DX推進アドバイザー認定試験

DXオフィサー認定試験



デジタルを使って変革し、圧倒的な競争力を身に付けるための「DX」、デジタルトランスフォーメーションは、今や企業や団体にとって必須の活動となってきました。新ビジネスや新サービスの創出、あるいは業務効率の飛躍的向上が求められています。

この検定受験で「DX資格」を取得して、会社や業務を変革するための知識を身に付けて下さい。また、あなた自身もデジタルイノベーターとして活躍していただきたいと思います。


第1回 デジタルトランスフォーメーション検定試験
DX推進アドバイザー認定試験
開催日時 令和3年10月31日 10時00分~11時45分
申込期間  お申込みは締め切りました。
DXオフィサー認定試験
開催日時 令和3年11月7日 10時00分~12時45分
申込期間 令和3年7月1日(木)~9月30日(木)
※合格発表はそれぞれの試験の1ヶ月後となります。

DX推進アドバイザー試験要項

DXオフィサー試験要項

学習資料

DX推進アドバイザー試験の出題項目

DXオフィサー試験の出題項目



(1)この検定を受験してほしい対象者

将来、この試験内容はすべてのビジネスマンに必要になると思われますが、特に下記の方々が活躍していくためには必須の知識になるでしょう。

  • DX担当者
  • 管理職
  • 各業務のリーダー
  • IT関連業務担当者
  • HRTech担当者
  • エンジニア/プログラマー
  • UX/UIデザイナー
  • プロダクトマネージャー
  • ビジネスデザイナー
  • DX人材希望者
  • DXアドバイザー
  • 経営/理科系学生



  • (2)この検定を受験してほしい業種・業界

    現在、下記の業種や業界の一部の企業においてDXが急速に進行しています。自らの競争力を確保するためには、自らもイノベーションを推進する必要があります。

  • ITサービス/ITコンサルティング
  • 情報/通信
  • 自動車/機械
  • 金融
  • 人材/サービス
  • 流通
  • 小売り
  • 医療
  • メディア/エンターテイメント


  • (3)半数以上の企業がデジタル技術の普及が自社の商品やサービスに影響すると感じています

    急速に進化するテクノロジーがもたらす破壊、デジタルディスラプションが様々な分野において進行しています。

    テクノロジーで新聞産業やレコード産業、写真フイルム産業が破壊されて20年になります。現在はホテルやタクシー、小売り業界で、ウーバーやエアビーアンドビー、アマゾンなどによって、変革という名の破壊が起きています。特にGAFAのデジタルをはじめ様々な分野での席巻は凄まじい限りです。

    下記アンケートは、AIやIoT、クラウドなどのデジタル技術の普及による自社への影響を尋ねた回答です。

    新たなサービスや商品の台頭で、自社の優位性や競争力の低下を恐れている企業が60%近くに及んでいます。

    下記3表は「デジタル・トランスフォーメーション推進人材の機能と役割の在り方に関する調査」より
    独立行政法人 情報処理推進機構 令和元年5月17日



    (4)多くの企業に現在の自社の競争力が、将来にわたって永続できる自信がないようです

    下記は、改革が進行するビジネス環境の下で、自社が現在の競争力を維持できる年数は「何年程度」かを問うています。本回答には1部上場企業も多く含んでいますが、多くの企業が大きな不安を持っているようです。

    約50%の企業が5年程度しか自社の競争力を保てないと不安を持っているようです。



    (5)DXの必要性を感じていない企業はありません。非常に強く感じるは63%

    前記2つの調査も、改革の必要性を感じた結果と思われますが、下記は、63%に及ぶ企業がデジタル改革や新ビジネス創出の必要性を感じていることを示しています。

    この時点で社内でDX(デジタルトランスフォーメーション)という用語の普及度は35%程度しかありませんが、DXの必要性は強く認識しているようです。



    (6)デジタルトランスフォーメーション検定試験の試験内容

    DX推進アドバイザー認定試験およびDXオフィサー認定試験のいずれの試験も下記の項目一覧表から出題されます。

    DX推進アドバイザーとDXオフィサーの違いは、DXオフィサーは試験時間が長く、問題数が多く、記述式の問題を含みます。

    各試験の内容はそれぞれのページをご覧ください。


    ※下記試験内容項目は、変更・追加される場合がありますのでご了承ください。


    課題番号 章番号 アドバイザー オフィサー
    出題形式 問題数 出題形式 問題数
    第1課題 DXの現状 第1章 DX総論 2択
    4択
    10
    20
    4択
    記述式
    30
    2
    第2章 業種別DXビジネスの現状
    第3章 DX企業の現状
    第2課題 DXの技術 第1章 AI
    (アーティフィシャルインテリジェンス)
    2択
    4択
    25
    25
    4択
    記述式
    50
    2
    第2章 IoT
    第3章 クラウド
    第4章 その他のIT技術
    第5章 デジタルマーケティング
    第6章 情報セキュリティ
    第3課題 DXの展開 第1章 DX人材 4択 20 4択
    記述式
    20
    1
    第2章 DXの方法論
    第3章 DX関連 制度・政策
    合計 2択・4択 合計100問 4択・記述 合計105問

    ※試験内容は、課題、章、項目から構成されています。章の下に項目がありますので、細項目版をご覧ください。




    詳しい試験内容の項目を見る


    DX推進アドバイザー試験要項

    DXオフィサー試験要項



    情報セキュリティ管理士SMART合格講座 情報セキュリティ初級SMART合格講座 企業危機管理士SMART合格講座 マイナンバー実務検定SMART合格講座 個人情報保護士SMART合格講座 働き方マスター試験SMART合格講座 働き方マネージャーSMART合格講座 インバウンド実務主任者SMART合格講座


    DXオフィサー認定試験 DX推進アドバイザー認定試験 試験内容項目Digital transformation

    ※下記試験内容項目は、変更・追加される場合がありますのでご了承ください。


    DXの現状
    第1課題  DXの現状 第1章  DX総論 DXの定義
    DXのステップ
    2025年の崖
    第2章  業種別DXビジネスの現状 金融DX
    製造DX
    小売りDX
    医療DX
    物流のDX
    人事のDX
    シェアリング
    第3章  DX企業の現状 デジタルディスラプター
    検索サービスのグーグル
    ECとクラウドのアマゾン
    SNSのフェイスブック
    スマホのアップル
    GAFA
    スマホのサムスン
    配車のウーバーテクノロジーズ
    民泊のエアビーアンドビー
    スーパーアプリのLINE(Zホールディングス)
    バイドゥ(百度)
    アリババ集団
    テンセント(騰訊控股)
    ゴジェック(インドネシア)
    グラブ(マレーシア → シンガポール)
    メルカリ
    DXの技術
    第2課題  DXの技術 第1章  AI 
    (アーティフィシャルインテリジェンス)
    画像認識
    音声認識
    自然言語処理
    データ解析
    機械学習
    ディープラーニング(深層学習)
    クラウドAI
    ビッグデータによる制度向上
    シンギュラリティー
    AI倫理の確立
    第2章  IoT 全ての物とネット
    スマートファクトリー
    スマート家電
    ウエアラブル端末
    ドローン
    自動運転車(船・飛行機)
    IoTプラットフォーム
    第3章  クラウド IaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)
    PaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)
    SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)
    パブリッククラウド
    プライベートクラウド
    コミュニティクラウド
    ハイブリッドクラウド
    第4章  その他のIT技術 ビッグデータ
    ERP
    顔認証
    GPS
    AR/VR/MR
    5G
    データサイエンス
    量子コンピューター
    第5章  デジタルマーケティング ソーシャルリスニング
    DMP(Data Management Platform)
    MA(Marrketing Automation)
    行動ターゲティング、リターゲティング
    レコメンデーション
    スクレイピング
    アドネットワーク/アドエクスチェンジ
    第6章  情報セキュリティ マルウェア
    CSIRT(Computer Security Incident Response Team)
    SSL/TLS
    フォレンジック
    ソーシャルエンジニアリング
    DX改革の推進
    第3課題  DXの展開 1章  DX人材 デジタルの専門家
    トランスフォーメーションの専門家
    テックリード
    データサイエンティスト
    先端技術エンジニア
    UX/UIデザイナー
    エンジニア/プログラマー
    プロダクトマネージャー
    ビジネスデザイナー
    DX人材の不足
    第4次産業革命対応人材
    人材の内製化
    ダイバーシティとグローバル化
    CDO、CDXOの配置
    2章  DXの方法論 デザイン思考
    アジャイル開発
    リーンスタートアップ
    DX専念組織の創設
    PoC(プルーフオブコンセプト)
    データドリブン
    3章 DX関連 制度・政策 DX銘柄
    DX認定制度
    DX投資促進税制
    DXによる社会貢献

    PAGE TOP