オンライン・ライブ検定試験の開催について

オンライン・ライブ検定試験の開催について

オンライン・ライブ検定試験 Q&A

本検定試験はいわゆる「ネット検定」と言われるものと異なり、Webカメラで本人確認と不正防止を行うシステムを備えて、ライブで実施する試験であり、公開会場と同等の厳格な検定試験です。ルールが厳しい面もありますが、ご協力をお願いいたします。

合格者には合格証書、本人の写真付きの合格カードを発行致します。「オンライン・ライブ検定試験」は以下の要領により実施いたします。



Q.
オンライン・ライブ検定試験と、会場での検定試験の両方を受けることができますか。

A.今回オンライン・ライブで実施するのは、4月・5月・6月・7月・8月開催の試験を行うものです。会場で受験するのは、7月開催試験、8月開催試験ですから、同じ問題ではありませんので、両方の試験を受験する事ができます。ただし、受験料は2回分となりますのでご了承下さい。


Q.
私は、ITに詳しくないのですが、オンライン・ライブ検定試験を受けることができますか。

A.試験環境の整備については、「パソコンとWebカメラQ&A」をよくお読み頂きたいと思います。パソコンでオンライン・ライブ検定試験サイトに接続して、ご自分の受験番号と生年月日(パスワードになる)を打って、試験サイトにログインできれば、後は、試験監督の説明をよく聞いて、その通りに操作すれば難しくありません。受験に際し、ITに強くないと受験に不利になる事もありません。


Q.
オンライン・ライブ検定試験と、オンライン検定やWeb検定、ネット検定とは違うんですか。

A.YahooとかGoogleなどのネット検定は、いつでも受験できて、その場で採点ができて、合格・不合格などが示され、合格証書が印刷できる場合もありますが、こういった検定とは、次の点でまったく異なります。

  1. 本オンライン・ライブ検定試験はいつでも受験することできません。ライブですから、決まった開催日の決まった時間にスタートして、決まった時間に終了します。決められた時間以外には受験できません。もし、準備が遅れて定時にスタートできないと遅刻となって失格となります。
  2. 本オンライン・ライブ検定試験は実施回ごとに1回のみの実施となります。同じ問題で2回実施することもありません。同じ問題で再受験したり、他の人に答えを聞いて受験するといったことも一切出来ません。
  3. 試験中は白紙メモ用紙1枚と筆記用具以外の物は手元に置くことができません。スマートフォン、参考書などはもとより、筆箱、下敷きなど、不正行為につながるものはすべて見えないところに置いていただきます。


Q.
Webカメラが無いんですが受けられますか?

A.このオンライン・ライブ検定試験で、Webカメラの役割は大変重要です。したがって、パソコンとWebカメラがないと受験はできません。その場合は会場での受験をお願いします。Webカメラの役割は次の通りです。

  1. スタート時にWebカメラで、合格認定カード用の写真を撮り、協会に送付されます。合格者が本人であるかの証明になります。
  2. 試験中に受験者が入れ替わったりしないかを、Webカメラを利用した試験監督システムが作動しています。
  3. Webカメラで試験中の不正行為を防ぎます。
    「Webカメラとパソコン」の項目に詳しく書かれていますが、他人との接触や、禁止された物品の持ち込み、不正を行っていると疑われるような行為を防止する為に10~20秒に1回、Webカメラで撮影した画像を協会サーバーに送信して保存しています。


Q.
試験開始時間までにパソコンやWebカメラが動かせなかったらどうなりますか。

A.遅刻の扱いとなり、10分以上経過すると失格となります。ただし、通信状態の異常で開始できない場合などは、オペレーションセンターにご連絡下さい。


Q.
試験中にパソコンやWebカメラが動かなくなったりした場合はどうなりますか。

A.試験中に禁止された操作などを行なわないにも拘らず、試験が正常に作動しない場合などは、オペレーションセンターにご連絡下さい。復旧して続きをできる場合も多くあります。ただし、通信環境次第で音声や画像が途切れる現象はインターネットには度々あります。協会が責任を持てない場合も多くありますので、動作確認サイトで十分に確認することをお勧めします。


Q.
オンライン・ライブ検定試験システムで受験する場合と、会場で受験する場合でどちらかが有利とか、不利になるとかはありますか?

A.オンライン・ライブ検定試験は、新型コロナウイルス感染防止対策としてスタートしています。大勢の人に会わなくて良いということを目標にオンライン・ライブ検定をスタートしています。それ以外の目的はありませんので、採点、合格、不合格などにおいては、オンライン又は会場の、どちらで受験しても有利・不利はありません。


Q.
会社で受けたいのですが、大丈夫ですか。

A.オンライン・ライブ検定試験の実施には、会場での実施と同様に、厳しいルールがあります。他の人と話をしたり、電話に出たり、仕事をしながら、或いは飲食をしながら受験することはもちろんできません。

試験時間中は周辺の環境に気を付け、同僚などにも接触できない旨を、前もって良く説明して受験して下さるようお願いいたします。


Q.
自宅には子供やペットなどが居るんですが大丈夫ですか。

A.お子様やペットがいる環境は避けていただきますようお願いいたします。あくまで、試験会場が自宅に移ったと考えています。犬が近くで吠えたり、お子様が寄って来るといった事態があった場合失格となる場合があります。くれぐれも受験環境を整えて下さるようお願い致します。


Q.
試験中にトイレには行けますか。

A.原則として、受験時間中のトイレは禁止となります。ただし、例えば、持病をお持ちになっておられ、止むを得ない事情により席を離れる可能性のある場合は、予め協会まで届出て下さい。


Q.
試験中に、お茶やコーヒー、水は飲めますか。

A.本オンライン・ライブ検定試験は、公開会場を会社や自宅に移して開催するものです。その想定から考えれば分かると思いますが、試験中にお茶やコーヒー、水を飲むことは禁止です。
ただし、試験は概ね60分から150分ですが、その試験時間中に指定のお薬などを飲む必要がある場合は予め協会まで届出て下さい。


Q.
解答が早く終わってしまったら、試験を止めても良いですか。

A.当協会の試験は会場試験でも、解答が終わっても退席できません。試験中はWebカメラに写っていることが条件です。試験が終わった場合でも席を離れることはできません。


Q.
試験中に、時間が余ったら、パソコンで他の仕事ができますか。

A.受験上の注意でも述べますが、試験中は、オンライン・ライブ検定試験システム以外のページ、アプリケーションを開くことを禁止しており、試験中に他のページなどを開いた場合は失格となります。


Q.
オンラインで受験すると問題用紙がありません。復習用に問題用紙を貰えますか。

A.オンライン・ライブ検定試験を受験された方には、後日、書面の試験問題と正答をお送り致します。

詳細はこちら

オンライン検定システム
構築支援

3密回避
新しい時代の試験システム


個人情報保護士認定試験対策講習会

情報セキュリティ管理士認定試験対策講習会

ハラスメントマネージャーⅡ種認定研修

認定ハラスメント相談員Ⅱ種研修

オンラインハラスメント管理職研修

オンライン社員研修の配信請負

オンライン新入社員研修の配信請負

オンライン観光検定 試験対策講習会

働き方検定 試験対策講習会

PAGE TOP ▲