Business Qualified Member
有資格者の会員制度

全情協BQM

Partner for you
一般財団法人 全日本情報学習振興協会

全日本情報学習振興協会 主催 「インバウンドの現状とインバウンド人材育成」講演会

2016 年の訪日外客数は前年比21.8%増の2,403 万9千人で、日本政府観光局が統計を取り始めた1964年以降、最多の訪日者数となりました。

 これは、クルーズ船寄港数の増加や航空路線の拡充、これまでの継続的な訪日旅行プロモーションに加え、ビザの緩和、消費税免税制度の拡充等が、主な増加要因として考えられます。

 本講演会では、今後さらに増え続ける訪日外国人の現状を理解していただくとともに、その増加に伴い必要となるインバウンド人材の育成について学んでいただけます。

講演会は終了しました。

演題

第1部講演:我が国におけるインバウンドの現状と政策
第2部講演:今求められる、インバウンドの人材育成
※演題は変更となる場合があります。

開催日時

≪開催日≫

平成29年10月26日(木) ※締切

≪開催内容・時間≫

受付12:30~
講演会
 
13:00~16:00
 
  第1部講演 13:00~
  第2部講演 14:10~

演者

第1部講演

観光庁 国際観光課 課長様

第2部講演

株式会社やまとごころ 代表取締役 村山 慶輔

会場

全日本情報学習振興協会 7階 大会議室

東京都千代田区三崎町3-7-12 清話会ビル7階 

JR線「水道橋」駅西口より徒歩2分
都営三田線「水道橋」駅より徒歩5分
東京メトロ東西線「飯田橋」駅より徒歩8分
都営新宿線「神保町」駅より徒歩9分

参加者プレゼント

本講演会ご参加の皆さまには、当日「インバウンド実務主任者認定試験 公式過去問題集」を無料で配布致します。
(その他、当日の講演資料等の配布もございます。)

「インバウンド実務主任者認定試験 公式過去問題集」
定価:1,600円(税抜)
編:全日本情報学習振興協会
発行:全日本情報学習振興協会
A5版 208ページ

■第1章
インバウンド実務主任者認定試験 実戦問題・解答・解説
試験の出題内容の傾向を知り、実力を確かめる実戦問題100問を掲載

■第2章
第1回インバウンド実務主任者認定試験 過去問題・解答・解説
実際に出題された第1回の過去問題105問を掲載

定員

90名

抽選について

抽選はインバウンド実務主任者合格者優先とさせていただきます。抽選枠は
 ・インバウンド実務主任者合格者より70名
 ・一般の方より20名
となります。インバウンド実務主任者合格者の方はお申込みの際に認定番号をご用意下さい。

参加費・お申込み

参加費は無料となります。

<第1部講演演者>

観光庁 国際観光課 課長様

昨今のインバウンドに関する現状と、政府の政策についてお話して頂きます。

<第2部講演演者>

西武文理大学サービス経済学部教授

安田 亘弘 (やすだ のぶひろ)

<演者プロフィール>

法政大学院政策創造研究科博士後期課程修了、博士(政策学)。観光士。

1953年東京都生まれ。1977年日本交通公社(現JTB)に入社。旅行営業、添乗乗務を経験後、本社、営業本部、グループ会社でマーケティング・販売促進・事業開発等の実務責任者・役員および同グループの旅の販促研究所所長を歴任。2010年より現職。

日本エコツーリズム協会理事、コンテンツツーリズム学会副会長、日本観光研究学会会員、日本国際観光学会会員、日本旅行作家協会会員。

<主な著書>

「観光サービス論」
「コンテンツツーリズム入門」
「フードツーリズム論」
「基礎から学ぶ観光プランニング」
「事例で読み解く海外旅行クレーム予防読本」
など多数



【講演会一覧】

募集中の講演会


終了した講演会






PAGE TOP ▲