◇平成28年6月より個人情報保護士認定試験の試験要項が変わります。 → 詳細はこちら

◇マイナンバー制度に関する本格的な講習会「マイナンバー制度 理解・対策セミナー」を開催 → 詳細・お申し込みはこちら

◇日本経済新聞で個人情報保護士が紹介されました。(平成26年12月23日 27面)
【見出し】漏洩防止、プロが担う ― 「個人情報保護士」広がる → 記事はこちら(PDFファイル)

案内チラシのPDF(プリントまたはPDFを皆さまにお配りください)

最新試験情報

第42回 個人情報保護士認定試験
試験日

平成28年3月6日(日)

試験時間10:00〜
受験料(税抜)10,000円
申込期間平成27年11月16日(月)〜平成28年2月5日(金)
公開試験会場
  • 申込状況により、会場を変更・追加する場合があります。
申込方法  インターネットでお申込の場合 
試験申込・対策講習会はこちら
※試験のお申込みは締め切りました。
※試験対策講習会はお申込み受付中です。
申込手順の詳細はこちらをご覧ください。

 郵送でお申込の場合 
資料請求ページより資料請求をしていただくと、資料といっしょに[受験申込書]を送付します。
[受験申込書]に必要事項を記入して郵送してください。

★試験を10名以上同時申込みされますと、団体割引が適用されます。
10〜19名…8%割引 20〜99名…10%割引 100名以上…15%割引
その他

各界著名人の方々から個人情報保護士に寄せられたコメント集

  • 小池百合子元環境大臣 元防衛大臣 衆議院議員
    (セキュリティ産業新聞2012年8月10日増刊号)
  • 花岡信昭拓殖大学大学院教授
    (セキュリティ産業新聞2010年12月10日増刊号)
  • 原口一博民主党衆議院議員 前総務大臣
    (セキュリティ産業新聞2010年12月10日増刊号)
  • 小沢鋭仁元環境大臣 衆議院議員・環境委員長
    (セキュリティ産業新聞2011年8月10日増刊号)
  • 大竹美喜個人情報保護士会理事長
    (セキュリティ産業新聞2012年5月10日増刊号)
  • 宮崎貞至新社会設計研究所代表 帝京大学元教授
    (セキュリティ産業新聞2010年9月10日増刊号)
  • 藤本正代工学博士 筑波大学・情報セキュリティ大学院大学客員教授
    (セキュリティ産業新聞2010年9月10日増刊号)
  • 小宮信夫立正大学文学部教授
    (セキュリティ産業新聞2011年3月10日増刊号)

※役職は記事掲載当時の役職です


マイナンバーで「個人情報保護士」の任務の重要性が高まります

マイナンバー制度の下では、企業や団体においてマイナンバーを含んだ特定個人情報を特に慎重に扱う必要があります。不正な利用には重い罰則規定があり、厳格な管理や運用を怠った場合には大きなリスクが伴います。信用失墜はもとより、個人番号利用等に従事するものが、正当な理由なく個人情報ファイルを提供した者や、不正な利益を図る目的で個人番号を提供又は盗用した者などには重い罰則が規定されています。
この番号法は、個人情報保護法の特別法であり、個人情報保護法の一部です。したがって、個人情報保護士はマイナンバーを含んだ特定個人情報を護ることも大きな任務です。
番号法(マイナンバー法)の稼働と共に、個人情報保護士の任務は益々重要になったと言えます。

試験の社会的な評価

保護士は個人情報保護担当者の必須資格となっています

合格発表

試験日程

試験内容

個人情報保護士認定試験の試験内容

参考問題

参考図書

対策テキスト・過去問題集などをご紹介

合格率

過去の平均合格率37.3%(平均年齢37歳)
平成25年度の平均合格率35.0%(平均年齢39歳)

合格者特典

合格者には、PiiPロゴのダウンロード等、様々な特典がございます。

更新済みの方も受講できます

認定カード更新

認定カードの更新を行うことにより、カードおよびロゴの使用有効期限の延長が行えます。また、各種アップグレード講習会への参加資格が延長されます。

◆第3回、10回、18回、26回、34回の合格者の方

  

アップグレード講習会[合格者特典]

上級個人情報保護士認定講習会

個人情報活用プランナー認定講習会

個人情報保護監査人認定講習会

個人情報取扱責任者認定講習会

ソーシャルメディアオフィサー認定講習会



財団法人全日本情報学習振興協会

財団法人全日本情報学習振興協会/連絡先

協会概要

協会沿革