個人情報の漏洩事故がひとたび起きれば、損害賠償はもとより、社会的な信用を失墜します。

個人の情報を適切に取り扱い、築き上げた信用を強固なものにしていく必要があるでしょう。しかし個人情報保護への理解が不十分では、企業実務の中で、個人情報の適切な取り扱いや保護対策も不十分なものになります。個人情報の適切な管理や運用方法を社員一人ひとりが身につける好機を!当協会が提供いたします。

最新試験情報

※9月14日実施(第36回)の詳細はこちら >>> 第36回個人情報保護士認定試験詳細

第37回 個人情報保護士認定試験
試験日

平成26年12月14日(日)

試験時間10:00〜
受験料(税抜)10,000円
申込期間8月20日(水)〜11月6日(木)
公開試験会場
申込方法  インターネットでお申込の場合 
試験申込・講習会申込はこちら
申込手順の詳細はこちらをご覧ください。

 郵送でお申込の場合 
資料請求ページより資料請求をしていただくと、資料といっしょに[受験申込書]を送付します。
[受験申込書]に必要事項を記入して郵送してください。

★試験を10名以上同時申込みされますと、団体割引が適用されます。
10〜19名…8%割引 20〜99名…10%割引 100名以上…15%割引
その他
  • 認定試験対策講座を開催します。あわせて受講されることをお勧めします。⇒認定試験対策講座の詳細
  • 受験票は試験実施日10日前までに届くように発送します。10日前になっても届かない場合は協会までご連絡ください。TEL:03-5276-0030
  • 受験票に、受験会場の詳細・注意事項等を記載しますのでご確認ください。



個人情報保護士受験ガイダンス

『個人情報保護士受験ガイダンス』のアプリをGoogle Playで販売中

個人情報保護士認定試験対策アプリ

『個人情報保護士認定試験対策アプリ』をiTunesで販売中

合格発表

試験日程

試験内容

個人情報保護士認定試験の試験内容

参考問題

参考図書

対策テキスト・過去問題集などをご紹介

合格率

過去の平均合格率37.3%(平均年齢37歳)
平成25年度の平均合格率35.0%(平均年齢39歳)

合格者特典

合格者には、PiiPロゴのダウンロード等、様々な特典がございます。


認定カードの更新について

当協会では、試験の合格者や講習会の修了者に「認定カード」を授与していますが、法律や技術の知識においては、年月の経過とともに内容が大きく変わってしまう事が多々あります。

そこで、認定カードに有効期限を設け、期限が到来すると「カード更新」の手続きを行って頂く制度を設けております。認定カードの更新を行ことにより、カードおよび資格ロゴの使用有効期限が延長されます。また、各種アップグレード講習会への参加資格が延長されます。

現在、第3・4・5回、第10・12・13回、第18・20・21回、第26・28・29回の合格者の方の更新手続きを行っています。

認定カードの更新には2つの方法がありますが、できるだけ「更新講習会」に参加されることをお勧めします

1.「更新講習会」に参加する方法

弁護士による「個人情報保護法」の要点解説を聞き、今一度再学習することにより更新できます。ただし、受講態度が悪い場合、更新をお断りする場合があります。

◆日時

日時(1) 2014年9月25日(木) @10:00〜12:00 または A13:00〜15:00

日時(2) 2014年10月4日(土) @10:00〜12:00 または A13:00〜15:00

◆講師と講習内容

講習会は下記の弁護士により個人情報保護法の要点と事例研究を行う予定です


中村博 弁護士
(東京弁護士会)

坂東利国 弁護士
(東京弁護士会)
または

◆会場

【東京】清話会ビル3階 資格・ビジネス教育センター
     (千代田区三崎町3-7-12/JR水道橋駅から徒歩2分)

◆受講料

7,000円(税抜、更新手数料[カード発行料・発送料]、講習会参加費)

◆定員

各回30名(定員となり次第締め切りますのでご了承ください)

◆申込

右上の【更新講習会】お申し込みボタンからお申し込みください。

2.「WEB上での更新テスト」に合格してから手続きする方法

詳しくは更新手続きのページをご覧ください。


財団法人全日本情報学習振興協会

財団法人全日本情報学習振興協会/連絡先

協会概要

協会沿革